強制執行

強制執行とは

 債権を回収する方法には,相手方から任意に支払ってもらう方法と,強制的に回収する方法とがあります。

 判決や調停成立があった場合に,相手方から任意に支払があればよいのですが,判決などがあっても相手方が無視している場合には,強制執行する必要があります.
 強制的に債権を回収する方法として,相手方の財産を競売にかけたり,強制執行をして財産を差押えたりするということです。
 競売や強制執行をするためには,あらかじめ相手方の財産を担保にとっておくか,あるいは,勝訴判決や公正証書などの債務名義を取得しておく必要があります.

 

弁護士による強制執行

依頼者が自分で強制執行を申し立てる場合

 強制執行は,弁護士に依頼せずに自ら申立てをすることも可能です。現在では,インターネットなどで各種申立書式が簡単に手に入りますから,一般の方が弁護士に依頼せずとも,申立てをすること自体は,可能だと思います.

 しかし,弁護士に依頼した場合には,以下のようなメリットがあると思われます。

弁護士が強制執行を申し立てた場合のメリット

 一般の方については,裁判や民事執行の専門的知識が少ないため,弁護士以上に時間や手間がかかってしまします.弁護士に依頼すれば,このような無駄な手間などはかかりません。

 また,弁護士は豊富な法的知識や各種調査から,依頼者に対して,強制執行としてさまざまな方法を提案することができます.つまり,一般の方よりも,多数の強制執行方法を提案して,それらの方法を速やかに実行することができます。

 そのため,強制執行においては,弁護士に依頼することで,迅速に,かつ,効果的な強制執行を実現させることが多いといえます。

 執行について,お悩みの際は,まずは専門家である弁護士へとご相談ください。

関連性の高い記事

弁護士法人

まこと共同法律事務所

〒920-0912

石川県金沢市大手町15番14号アーバンハイム大手町4階

 

TEL:076-262-5757

(受付時間9~18時)

FAX:076-262-5177

Email:info@makoto-lawfirm.com

 

休業日:土日祝日

(土日でのご相談に対応可能なことがありますので,お問い合わせください)

 

エリア:北陸地方

    事案により全国対応可

 

お気軽にご相談ください

当事務所ブログ

SNS