業務内容のご案内(事業者向け)

取扱業務の一部をご紹介いたします。お気軽にご相談ください。

 

 事業者のお客様でご相談、ご依頼される主な事件としては、売掛金回収、労働事件(個別紛争、労働組合対応)、不正競争防止法、知的財産権、独占禁止法・下請法、通貨オプション取引、不動産取引、建物明渡、事業再生(私的整理・民事再生)、自己破産などがあります。日常的に契約書作成やチェックなども行っております。 

 

債権回収(売掛金回収)

 債権回収は、企業にとって,最も重要な問題といえます。企業間での金銭の貸付、売掛金などは入金が滞ったり、約束の期日に返金されなかったりすれば,企業の経理に思わぬ影響が生じたり,未回収の売掛金が再投資するための資金であったりすると、会社の経営全体に影響を及ぼすことになりかねません。
 債権者が受身の姿勢で,入金を待つだけでは,いつまでたっても債権回収できず、最後は,泣き寝入りをすることになりかねません。

 弁護士にとっても,債権回収を迅速に,また,確実に行うということは重要な仕事の一つで,法的回収手段はもちろんのこと,相手方の財産を探し出す手法についても,十分な知識経験が必要となります。当事務所では,弁護士の専門知識と経験を活用して,債権回収・売掛金回収を成功させるために最善のサポートを行います。

 詳細はこちらへ

建物明渡・家賃滞納対策

賃貸物件について,借主が家賃をたびたび滞納して困っている,建物を明け渡して欲しいと何度もお願いしても聞き入れてもらえず居座られている等の場合には,毅然とした法的措置を取らない限り,滞納賃料が増え続けるだけで何も解決しません.

 滞納家賃を回収することや,それだけでなく明渡しを迫るためには,専門家の適切な協力が必要となります.

 詳細はこちらへ

通貨オプション取引

 銀行から、勧められて通貨オプション取引契約をしたが、円高が進んで、定期的に銀行に対して多額の支払をしなければならないと事態に陥った事案が多数生じています。

 通貨オプション取引契約を有利に解約したり、これまで支払った損失金について損害賠償を求めたりするため、専門家の協力が必要となります。

 詳細はこちらへ

契約書作成

 法人,事業者の取引においては,後日の法的トラブルが事業運営に重大な影響を及ぼすことがあります。取引ないし事業を反復して行う以上,トラブルが生じること自体を避けることは難しいこともありますが,そのようなトラブルを可能な限度で回避し,また,裁判等の紛争が生じても有利に解決することが可能となります。

 契約書作成については,ひな形を使用することでもある程度のリスク回避は可能ですが,専門家の関与の下で作成された契約書は,いざというときに有用になることが多いといえます。

 詳細はこちらへ

下請業者を保護する法律(下請法)

下請事業者にとっての下請法

 親事業者からの不当な買いたたき,下請代金の減額,下請代金の支払遅延,割引困難な手形(長期手形)の交付等の行為等が行われた場合には,下請代金支払遅延等防止法(通称「下請法」)の活用により,親事業者から未払代金の回収を図ったり,契約条件の改善を図ったりすることが可能となります。
 裁判手続が必要ないため,迅速な債権回収を実現できるという利点があります。

親事業者にとっての下請法

下請業者に発注する親事業者にも下請法は重要な法律です。
 仮に下請法違反があった場合,中小企業庁などから立ち入り調査を受け,下請法違反の事実を改善するよう指導を受けるほか,下請法違反の事実を公表されるなどした場合には,企業イメージを傷つけるなどして,企業の社会的信用等を大きく毀損するおそれがあります。
 そのため,親事業者にとっても,下請法違反を未然に防ぎ,また,事後的にも,弁護士による適切な対応が重要となってきます。

破産

 事業者の破産や、民事再生による事業再生などは、迅速で機動的な行動が必要となります。当事務所では、経験豊富な弁護士が3名体制で対応し、依頼者の利益をよりよく実現する方法で、倒産手続を進めていくことが可能となっております。

 詳細はこちらへ

弁護士法人

まこと共同法律事務所

〒920-0912

石川県金沢市大手町15番14号アーバンハイム大手町4階

 

TEL:076-262-5757

(受付時間9~18時)

FAX:076-262-5177

Email:info@makoto-lawfirm.com

 

休業日:土日祝日

(土日でのご相談に対応可能なことがありますので,お問い合わせください)

 

エリア:北陸地方

    事案により全国対応可

 

お気軽にご相談ください

当事務所ブログ

SNS