2018年

12月

10日

レセプト債・期日報告

≪弁論準備手続期日≫

 本日午前11時から,第1次~第3次訴訟の弁論準備手続(テレビ電話会議)が行われました。

 期日で金沢地方裁判所に出廷したのは,竹松証券らの代理人のみで,その他の代理人は東京地方裁判所に出頭してテレビ電話回線を通じて期日が行われました。。

 期日では,原告から提出された第24準備書面のほか,一部の被告らから提出された反論の準備書面がそれぞれ陳述されました。

  期日間に取り寄せた書類や,今後,提出が見込まれる書類等に基づいて,各当事者から主張書面が提出される見込みです。そのため,争点整理手続にはもう少し時間を要する見込みです。

 

≪今後の予定≫

1 期日指定(いずれもテレビ電話会議システムを利用した弁論準備手続) 

  平成31年

   1月24日 午前10時

   3月7日  午前11時

   5月13日 午前11時(今回の期日で新たに指定されました)

 

 2 次回期日の予定 

 これまでに追加提出された証拠等に基づき,各当事者から主張書面が提出される予定です。

 また,期日間で,さらに各種証拠収集に関する手続が進められる予定で,それに基づく主張について準備を進めていく予定です。

2018年

11月

25日

偽「裁判所」はがき、各地で被害

 実在しない裁判所をかたり、訴訟に関して電話連絡を求める不審なはがきが10月ごろから全国各地に届き、受け取った仙台市や横浜市の女性が計100万円以上を振り込み、だまし取られたとみられることが24日までに、東京地裁への取材で分かった。

 

 

 はがきの差出人は「地方裁判所管理局」で、タイトルが「訴訟最終告知のお知らせ」。「連絡がなければ財産を差し押さえる」「取り下げの相談を承っている」と記され、東京都内の住所と問い合わせ先の電話番号が書かれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000077-kyodonews-soci

 

 架空請求のはがきが復活しつつあります。かつては,はがきによる手口が流行し,その後,迷惑メールによる方法が用いられて,「訴訟最終告知のお知らせ」とか「料金未納のお知らせ」等のメールが頻繁に届くという事例が散見されました。少なくとも,裁判所はメールを使用していませんから,「裁判所からメールが来た」というだけで,内容を見るまでもなく,明らかにおかしいと分かることが多かったように思いますし,その結果,メールによる被害も徐々に減っていったように感じています。

 今回は,架空請求の手口にハガキが再度,用いられるようになったというもので,迷惑メールを見慣れて対処方法も身につけつつあった状況下では,かえって,ハガキの手口はリアリティを感じさせて信用されやすいのかと思います。このようなハガキが来たら,弁護士やあるいは消費生活センター等に相談するなどして,(基本的には無視することになると思いますが)適切に対処しなければならないと思います。

2018年

11月

15日

ジャパンライフの残資産は4億円 顧客への配当難しく

磁気治療器などの預託商法を展開していたジャパンライフ(東京、破産手続き中)の第1回の債権者集会が12日、東京都内で開かれた。同社は全国で約7千人の顧客を抱え、負債総額は約2400億円に上る。どの程度配当されるか破産手続きの行方が注目され、会場には多くの債権者らが足を運んだ。

 

債権者集会は破産手続きが係属する東京地裁の管理下で開かれた。終了後、記者会見した被害対策弁護団によると、同社の資産は不動産を売却しても最大で4億~5億円。顧客の債権より弁済が優先される従業員への未払い給与などが約10億円に上り、顧客への配当は厳しい状況だという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37643930S8A111C1000000/

 

ジャパンライフ破産管財人のHPでも債権者集会の概要や,集会の際に配布していた資料等が提供されています。

http://www.japanlife-net.co.jp/news/20181112.html

 

 これら報告等によれば,資産の合計は,4億円余りに止まっています。他方で,負債については,公租公課について4億円余り,労働債権その他について6億7000万円余りとなっています。

 

 破産法では,公益的な性格を有する租税債権や,生活の維持のために弁済の必要性が高い労働債権の一部などを「財団債権」として,優先的に支払うことが定められています。破産における配当は,これらの財団債権を弁済しても,財産が残っている場合になされることになっています。そのため,破産手続が始まっても,財団債権を弁済したら残りの財産がなくなってしまって,配当しないで破産手続を廃止する事件もよくあります(「異時廃止」といいます)。

 ジャパンライフ破産管財人による報告も,まさにこのような状態で,4億円の財産があったとしても,優先的に弁済される公租公課と労働債権等の合計額が10億円以上に達しており,このままでは配当に進めないことになります。もちろん,今後の破産管財人による回収等によって,財産が増えていけば配当される可能性もありますが,現状は,記事にもあるように顧客への配当は難しい状態にあります。

 被害回復を実現するために,破産のみならず,金沢弁護団でも取り組んでいる役員,従業員らへの損害賠償請求訴訟など複数の選択肢を組み合わせていきたいと思います。

2018年

10月

25日

レセプト債・期日報告

≪弁論準備手続期日≫

 本日午前11時から,第1次~第3次訴訟の弁論準備手続(テレビ電話会議)が行われました。

 期日で金沢地方裁判所に出廷したのは,竹松証券らの代理人のみで,その他の代理人は東京地方裁判所に出頭してテレビ電話回線を通じて期日が行われました。。

 期日では,原告から提出された第23準備書面のほか,一部の被告らから提出された反論の準備書面がそれぞれ陳述されました。

  期日間に取り寄せた書類や,今後,提出が見込まれる書類等に基づいて,各当事者から主張書面が提出される見込みです。そのため,争点整理手続にはもう少し時間を要する見込みです。

 

≪今後の予定≫

1 期日指定(いずれもテレビ電話会議システムを利用した弁論準備手続)

  平成30年

  12月10日 午前11時

  平成31年

   1月24日 午前10時

   3月7日 午前11時

 2 次回期日の予定 

 これまでに追加提出された証拠等に基づき,各当事者から主張書面が提出される予定です。

 また,期日間で,さらに各種証拠収集に関する手続が進められる予定で,それに基づく主張について準備を進めていく予定です。

2018年

9月

13日

情報商材関連詐欺110番~続報

「簡単な作業で大金を稼げる仕事ある!」「資産を何倍にも増やせる投資法教える!」このような誘い文句で現金をだましとる詐欺が近年、増えている。「情報商材関連詐欺」と呼ばれる詐欺だ。ホームページ上で勧誘したり、リストを元に電話で勧誘したりと手口は様々。SNSも、その温床になっているという。県の消費生活支援センターではこの詐欺に関する相談が近年、急増。昨年度は76件と、4年前に比べて10倍以上、今年度は7月末までで、すでに47件にものぼっている。これを受け、金沢弁護士会では12日、こうした詐欺を撲滅しようと、無料の電話相談を実施した。県警によるとことし県内では競馬の必勝法を教えるという詐欺で1400万円あまりの被害が出ている。

http://www.news24.jp/nnn/news87119070.html

 

 9月12日に情報商材関連詐欺110番を金沢弁護士会消費者委員会で実施した件について,報道いただきました。

 記事にもあるように,ここ数年は,相談件数が急増しており,おおよそですが,前年の2倍増となることが続いているようです。この傾向は石川県内だけではなく国民生活センターの発表によれば全国的にも認められるようです。被害が広がり,また,深刻化していることが認められ,弁護士としても,今後の被害防止,被害回復が重要になると思います。

 情報商材詐欺の場合でも,迅速な対応をとることで被害回復を図ることができますので,心当たりのある方はまずは弁護士等の専門家へご相談されることをお勧めします。詐欺にあった方は,自分を責めたり,あるいは,恥ずかしがってなかなか相談できないこともあるかもしれませんが,被害回復のためには,迅速に専門家への相談があることが重要ですので,まずはご相談いただければと思います。

過去のブログ~見出し

弁護士法人

まこと共同法律事務所

〒920-0912

石川県金沢市大手町15番14号アーバンハイム大手町4階

 

TEL:076-262-5757

(受付時間9~18時)

FAX:076-262-5177

Email:info@makoto-lawfirm.com

 

休業日:土日祝日

(土日でのご相談に対応可能なことがありますので,お問い合わせください)

 

エリア:北陸地方

    事案により全国対応可

 

お気軽にご相談ください

当事務所ブログ

SNS