ジャパンライフ 県内でも提訴

磁気治療器のオーナー商法などで高齢者を中心に巨額な被害を出した東京の健康器具販売会社「ジャパンライフ」を巡り、石川県内で契約を結んだ7人が実態のない詐欺的商法によって損害を受けたとして約8900万円の賠償を求める訴えを金沢地方裁判所に起こしました。
訴えを起こしたのは、「ジャパンライフ」と契約を結んでいた石川県内に住む60代から80代の女性7人です。
訴えによりますと、7人は去年4月以降、「ジャパンライフ」とネックレスなどの磁器治療器を購入して使用すれば、毎月、一定額の配当金が支払われるなどという契約を結んでいました。
しかし説明通りに配当金は支払われず、実態のない詐欺的商法によって損害を受けたとして、「ジャパンライフ」の役員ら関係者15人に対してあわせて約8900万円の損害賠償を求めています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3025055921.html

 

 金沢でも損害賠償請求訴訟を提起し,提訴の記者会見をしたので,記者会見に同席しました。被害者が少しでも救済されるように,今後は,訴訟を通じて損害賠償請求を進めていきたいと思います。

 ジャパンライフ被害対策弁護団については,敦賀法律事務所の安藤弁護士が事務局長なので,被害者の方で,弁護団に一度も連絡等していない方がいれば,ご連絡頂ければと思います。

弁護士法人

まこと共同法律事務所

〒920-0912

石川県金沢市大手町15番14号アーバンハイム大手町4階

 

TEL:076-262-5757

(受付時間9~18時)

FAX:076-262-5177

Email:info@makoto-lawfirm.com

 

休業日:土日祝日

(土日でのご相談に対応可能なことがありますので,お問い合わせください)

 

エリア:北陸地方

    事案により全国対応可

 

お気軽にご相談ください

当事務所ブログ

SNS