ケフィアの破産申請検討 契約者弁護団、未払い金回収へ

 加工食品製造事業のオーナーになれば高い利子を支払うとして出資を募り、多額の支払いを滞納している「ケフィア事業振興会」(東京都)に対し、被害対策弁護団が未払い金を回収するため同社の破産申請を検討していることが2日、分かった。契約通りの支払いが今後も見込めない場合の対策で、裁判所が認めれば同社の資産から未払い金の一部を取り戻すことが期待できるという。

 弁護団は同日、被害を訴える契約者向けの説明会を都内で開催。約740人の参加者に対して破産申請の検討を伝えるとともに、同社の勧誘が出資法違反などに当たる可能性があるとして、警視庁への刑事告訴を検討していることも説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000542-san-soci

 

 

 過去に何度か当ブログでも取り上げていたケフィア事業振興会について,被害対策弁護団の活動の続報が流れたようです。同種事案でも,刑事告訴,債権者破産申立ての手段をとることが多いですし,破産によって,一定額の被害回復がなされることが見込まれますので,今後も,弁護団の活躍に期待したいところです。

 金沢では,私の知る限りでは,弁護団結成の動きは,今のところはありませんが,ケフィア事業振興会との契約者やその関係者の方は,お一人で悩まず,東京等にある弁護団へご相談等されることを強くお勧めします。

 

弁護士法人

まこと共同法律事務所

〒920-0912

石川県金沢市大手町15番14号アーバンハイム大手町4階

 

TEL:076-262-5757

(受付時間9~18時)

FAX:076-262-5177

Email:info@makoto-lawfirm.com

 

休業日:土日祝日

(土日でのご相談に対応可能なことがありますので,お問い合わせください)

 

エリア:北陸地方

    事案により全国対応可

 

お気軽にご相談ください

当事務所ブログ

SNS