ジャパンライフ問題相談窓口開設~金沢弁護士会

磁気治療器のオーナーになれば高い配当金が得られるなどとして、高齢者を中心に資金を集め、消費者庁から行政処分を受けていた東京の健康器具販売会社「ジャパンライフ」について、金沢弁護士会はこの問題に関する無料の相談窓口を開設し、対応にあたることになりました。
相談窓口を設けたのは金沢市の金沢弁護士会で、消費者問題に詳しい弁護士8人が無料で相談に応じます。
東京の健康器具販売会社「ジャパンライフ」は、高い物では数百万円ものベルトやネックレスなどの磁気治療器のオーナーになれば、年に6%の高い配当金を得られるとうたう、いわゆる「オーナー商法」で、高齢者を中心に違法な訪問販売を行ったなどとして、消費者庁から4度にわたって業務の一部停止命令を受けています。
金沢弁護士会は、ジャパンライフの店舗は県内にもあり、県内での契約者の実態把握が必要だとして、今回、相談窓口を設けたということです。
金沢弁護士会の中出健作弁護士は「契約者には高齢者が多く、契約内容の理解が不十分な方も少なくない。不安があれば、気軽に相談してほしい」としています。
相談の受け付けは平日の午前8時半から午後5時まで行われ、受け付け後、担当の弁護士が対応にあたるということです。
電話番号は076-221-0242です。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3023971811.html

 

ジャパンライフ問題に関しては,他の団体からの情報提供などを受けつつ,個人的にも調査を進めてきましたが,組織的な対応が必要になったため,今般,金沢弁護士会において無料の相談窓口を設ける方針となりました。組織の立ち上げに関与していたため上記インタビューを受けることになりました。

他の報道等によれば,ジャパンライフは,4度目の行政処分を受けたほか,銀行取引停止処分を受けて事実上の倒産に至るなど,日々,事態が急激に動いており,契約者が相談する受皿として上記対応体制をとることになりました。今後は,弁護士会の一員として,上記対応にあたっていこうと考えております。

 

また,金沢弁護士会では,ジャパンライフ被害110番(電話相談)も実施予定ですので,弁護士との面談に躊躇される方は,こちらをご利用されることをお勧めします。

http://www.kanazawa-bengo.com/info/2017/12/post-116.html

 

弁護士法人

まこと共同法律事務所

〒920-0912

石川県金沢市大手町15番14号アーバンハイム大手町4階

 

TEL:076-262-5757

(受付時間9~18時)

FAX:076-262-5177

Email:info@makoto-lawfirm.com

 

休業日:土日祝日

(土日でのご相談に対応可能なことがありますので,お問い合わせください)

 

エリア:北陸地方

    事案により全国対応可

 

お気軽にご相談ください

当事務所ブログ

SNS