債務者口座の開示,3メガ銀出そろう 確定判決や和解が条件

債務者口座の開示、3メガ銀出そろう 確定判決や和解が条件 

2017/1/19 23:50
日本経済新聞 電子版
 みずほ銀行は民事裁判の支払い義務を果たさない債務者の預金口座情報について、債権者からの請求に応じて開示を始めた。確定判決や和解調書など債務の存在を確認できる文書を示し、弁護士を通じて照会することが条件。既に三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は開示しており、3メガ銀の対応がそろった。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H2P_Z10C17A1PP8000/

 

 以前にもご紹介したように,強制執行を行うには銀行名,支店名を特定しなければならないというのが現在の実務です。ところが,判決などがあってもお金を支払ってこない債務者の預金がどこの支店にあるか,また,残高がいくらであるのかというのは債権者が把握しにくい事実でした(債務者に察知されずに調査する必要があるため,債務者に尋ねるわけにもいきません)。

 もっとも,上記記事にもあるように,弁護士会照会を通じた照会がなされた場合,各銀行で条件等は異なるものの,支店名,預金残高等の回答を得ることができるようになってきました。この回答を得られれば,効率的に強制執行することができますし,あるいは,「預金がない」「残高が○○円しかない」ということが判明すれば,それを前提に次の法的措置等を検討することもできます。上記記事にある3メガバンクのみならず,他の都銀,地銀でもこの大きな流れの中にあり,強制執行の実効性が上がりつつあります。今後も,この流れの中でさまざまな,いい意味での変化が生じることを期待します。

弁護士法人

まこと共同法律事務所

〒920-0912

石川県金沢市大手町15番14号アーバンハイム大手町4階

 

TEL:076-262-5757

(受付時間9~18時)

FAX:076-262-5177

Email:info@makoto-lawfirm.com

 

休業日:土日祝日

(土日でのご相談に対応可能なことがありますので,お問い合わせください)

 

エリア:北陸地方

    事案により全国対応可

 

お気軽にご相談ください

当事務所ブログ

SNS