レセプト債被害対策弁護団の概要

レセプト債被害対策弁護団について

  団  長 前川直善(オレンジライト法律事務所)

 

  事務局長 中出健作(弁護士法人まこと共同法律事務所)

 

  事 務 局  弁護士法人まこと共同法律事務所内 

 

  レセプト債を購入した被害者の被害救済に向けて活動する弁護団です。

 金沢弁護士会所属の弁護士16名により構成されています。

 弁護団へのお問い合わせは事務局(弁護士法人まこと共同法律事務所)宛にお願いします。

       

訴訟経過についてのお知らせ

裁判の経過などの最新情報は以下のとおりです。

その他,過去の情報についても,ブログにおいて情報をお伝えしております。

 

2018年

12月

10日

レセプト債・期日報告

≪弁論準備手続期日≫

 本日午前11時から,第1次~第3次訴訟の弁論準備手続(テレビ電話会議)が行われました。

 期日で金沢地方裁判所に出廷したのは,竹松証券らの代理人のみで,その他の代理人は東京地方裁判所に出頭してテレビ電話回線を通じて期日が行われました。。

 期日では,原告から提出された第24準備書面のほか,一部の被告らから提出された反論の準備書面がそれぞれ陳述されました。

  期日間に取り寄せた書類や,今後,提出が見込まれる書類等に基づいて,各当事者から主張書面が提出される見込みです。そのため,争点整理手続にはもう少し時間を要する見込みです。

 

≪今後の予定≫

1 期日指定(いずれもテレビ電話会議システムを利用した弁論準備手続) 

  平成31年

   1月24日 午前10時

   3月7日  午前11時

   5月13日 午前11時(今回の期日で新たに指定されました)

 

 2 次回期日の予定 

 これまでに追加提出された証拠等に基づき,各当事者から主張書面が提出される予定です。

 また,期日間で,さらに各種証拠収集に関する手続が進められる予定で,それに基づく主張について準備を進めていく予定です。

第3次提訴以降における弁護団への依頼について

第3次提訴以降の弁護団への依頼について

 現在のところ,第4次提訴は予定しておりません。

 第3次提訴までの概要等については,ブログをご覧ください。

弁護団への依頼について

 弁護団への依頼については終了しており,今後,依頼等があってもお引き受けする予定はありません。ご了承くださいますようお願いします。

 

 

注意喚起

当弁護団あるいはその関係者を装った人物による被害者への連絡,依頼勧誘について

 当弁護団から被害者宛のご連絡は,事務局または担当弁護士からのみご連絡することになっております。

 ところが,当弁護団あるいはその関係者であること等を名乗って,言葉巧みにレセプト債を購入した被害者に接触を図り,紛争解決を持ちかける人物がいるとの情報提供がありました。

 当弁護団は金沢弁護士会所属の弁護士のみによって構成されており,そのような人物とは一切無関係ですので,ご注意下さい。また,弁護士資格を有しない者が紛争に介入することは,介入行為それ自体が法律違反となることがありますので,そのような人物への依頼等は絶対になされませんようご注意下さい。

弁護士法人

まこと共同法律事務所

〒920-0912

石川県金沢市大手町15番14号アーバンハイム大手町4階

 

TEL:076-262-5757

(受付時間9~18時)

FAX:076-262-5177

Email:info@makoto-lawfirm.com

 

休業日:土日祝日

(土日でのご相談に対応可能なことがありますので,お問い合わせください)

 

エリア:北陸地方

    事案により全国対応可

 

お気軽にご相談ください

当事務所ブログ

SNS